求人してもなかなか集まらない看護師不足に悩む大都会「東京」の病院で働いてみよう

HOME>アーカイブ>白衣の天使への憧れをいつまでも持ち続けられる様に
医者と看護師

求められる人材と専門知識

現在、多くの医療機関で医師不足、看護師不足が叫ばれて久しくなって来ています。地方の病院が閉鎖に繋がってしまうなど、非常に厳しい状況も報道されています。一方、都市部になる病院は大丈夫なのかと云うと、決してそうではありません。単純に人口が多いと云う事は、患者数も当然多い訳で、特に東京も人材が足りている医療機関と云うのはなかなか無いと云うのが現状なのではないでしょうか。常時、求人は掛けられていても、なかなかなり手がいなかったり、折角、就職しても、再び離職してしまったりするケースも多い様です。だからこそ早急な対応が望まれていますが、なかなか効果的な求人方法を見いだせない様です。当然ながら、看護師は誰にでもできる仕事ではありません。ホスピタリティー精神に溢れ、献身的に尽くす。と、云った、「白衣の天使」たる美しい姿ではなく、夜勤が続き、更にはそのまま日勤もと云った過酷な労働環境に晒される看護師の職場改善が見込めないままの求人は、効果的ではありません。

自分の資格と技術を発揮できる病院

看護師は国家に許された有資格者のみが行う事ができる仕事です。であるからこそ、看護師になるまでには相当な時間と費用と、弛まぬ努力があってこその資格である事は云うまでもありません。だからこそ、首都東京に置いても、看護師の職場が疲弊に晒され続ける状況が続けば、求人募集もずっと続けられ、入っては離職し、離職したらまた入ると云った堂々巡りとなる事でしょう。そう云う状況が続く事には充分に気を付けなければいけませ。では、どうしたら良いのかを考えてみないといけないでしょう。少ない面子で効果を上げるにはきめ細かな配慮が求められる訳ですが、看護師の一人ひとりの状況に合わせて、時差出勤を認め休憩できる時間を確実に確保したり、福利厚生を充実させストレスを発散出来る様な施設や仕組み衣を病院内に設けたりするなど、人材確保のソフト面を充実させる手段と、外国人材も含めた形で看護師養成と定着を図る法的なサポートも必要なのではないでしょうか。

広告募集中